すずふぉと
αとサイバーショットで撮った写真たち
プロフィール

すず

Author:すず
すず(♂)
αで撮影した写真を載せてます。画像をクリックすると大きめのサイズで表示されます。
新しいカメラを買ったときだけ復活するブログという噂も・・・(事実?)。



カレンダー(月別)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西表島―仲間川
仲間川
α900

浦内川から路線バスに乗り大原港へ。
西表島の景色をのんびりバスで見て周る・・・でも、好きなところで止まれないけど・・・。
ちなみに、この路線バス、バス停以外でも乗り降りできる。
でも、1日6往復しかないから計画立てるのが難しい・・・。

西表島観光で大抵の人が訪れるのが仲間川マングローブクルーズ。
ほとんど歩く必要がないので足腰の弱い方でも楽しめる。
ただ、潮の状態によって出航時間が決まっていないらしい。
確認しておくつもりだったけど忘れてた・・・。

大原港に到着、現在、2時半。
暑い・・・
遊覧船乗り場を探す。
なんか・・・ひとつ前のバス停で降りればよかったみたい・・・。
暑い・・・
チケット売り場で出航時間を確認。
4時・・・。
1時間半も空いてるのか・・・
どこか近くで周れるれるところは・・・レンタカーでもなきゃ無理。
暑い・・・
大原港で時間をつぶす。
出航時間調べとけばバスを途中下車してどこか観れたなぁ・・・。

仲間川
2 100-300mm

お待たせしました、出発です。
マングローブが夕日で輝いてます。

仲間川
3 100-300mm

干潮は過ぎてますがかなり根っこが見えます。
ちなみに干潮時は川底が現われて船が進めなくなってしまいます。
底の浅い所があるとスピードを落とし、回避してました。

仲間川
4 100-300mm

根っこのアップ。

アダン
5 100-200mm

パイナップルによく似たアダンの実だそうです。
ちなみに味は”無い”そうです。

サキシマスオウノキ
6 35mmG

船を降り、ほんのちょっと歩くと日本最大樹齢400年のサキシマスオウノキに出会えます。
他にも群生している場所があります。
サキシマスオウノキは昔、まな板に使われていたそうです・・・。

サキシマスオウノキ
7 24-205mm

樹齢400年のサキシマスオウノキは非常に大きかったので24mmでも全体像は捉えられませんでした・・・。

仲間川
8 24-105mm

ちっちゃくてかわいらしいマングローブがありました。

・・・そして・・・

西表島から石垣島に戻る。
この日は八重山ホタルの観賞や夜のジャングルを探検するツアーに申し込んでおいた。
ちなみに八重山ってのは石垣島近辺の離島を表す地域名。
最初、どこのことを言っているのか分からなかったのは内緒・・・。
で、八重山ホタルは体長5mm程度でとても小さな光をともす。
水辺ではなく山の斜面に生息する。
ガイドさん曰く、どちらかというとゲンジボタルやヘイケボタルのような水辺に生息するもののほうがマイナーだそうで。
ま、アメリカだと庭の芝生に普通にいるし。

そんな八重山ホタルがちょうど今シーズン。
せっかくなので見ておきたい。
ただ、生息地が非常に限られているそうだし、夜の森はハブなんかも出没するので自力でスポットを見つけるのは難しそう。
そんなわけでツアーに参加することにした。

ガイドさんに車で連れて行ってもらう。
すごい森の中を予想していたけど普通に車で行ける場所だった・・・。
セミの声が一気に静まりフクロウが鳴き始める。
辺りは真っ暗・・・ではなく、満月に近いためとても明るい。
ホタルが1匹、2匹と光り始める。
オスがメスに求婚しているそうでうろうろ動き回っている。

だんだん数が増えていく。
500匹ぐらいいるらしい。
あちこちで光が点滅している。
クリスマスのイルミネーションのような美しさ。

写真では伝えられない。
ていうか、写真見てガッカリしないでください・・・

八重山ホタル
9 35mmG

三脚使って数秒間露出すれば見れる写真にはなるだろうけど・・・
肉眼で見たものとは全く違うものになる。
写真で表現できないものってたくさんある・・・。

ホタルの乱舞は30分程度で収束。
みんな良く頑張った!
数週間の寿命の中で必死に生きている。

余談ながら・・・
ホタルに強い光を当てると発光しなくなる。
発光しないイコール繁殖できないってことになる。
観察するときは気をつけないといけない。

その後森の中でカエルの合唱を聞く。
いろんな種類、鳴き声のカエルたちが暮らしている。
そんなカエルを狙ってハブが来るわけだが・・・。


観光2日目終了。
なんかえらい長文やな。
途中文体も変わってるし・・・(笑)
次は石垣島一周旅行編っす。

テーマ:SONY α PHOTO - ジャンル:写真


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://suzu3.blog35.fc2.com/tb.php/266-d7d81dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。